人気ブログランキング |

あ~ぁ、終わちゃった

ムラサキセンブリ、イヌセンブリが咲き出し、
私にとって今年の野草散策はもう終わりとなりました。

年齢を増すごとに、あれまあれまと日々の過ぎ去る速度の速いこと。
この1年も野草散策に明け暮れて、これでいいのかしら?と思うことも。
かといって、新しいことに挑戦する勇気も努力もなし・・・(爆)

ムラサキセンブリ
c0047422_1543544.jpg

イヌセンブリ
c0047422_19525388.jpg


by itosuguri | 2006-10-26 15:21 | Comments(9)
Commented by つーくん at 2006-10-26 15:50 x
センブリといえば、漢方の…。くらいに思っていたので、こんなきれいな花が咲くとは考えていませんでした。また感動!です。
そうですか…。この花が咲くと野草散策の終わりの時期なんですね。
ではそろそろ、ミニ盆栽の時期に突入してみませんか?いかが??
Commented by okaty at 2006-10-26 19:56 x
え~もう終わりなんですか?
まだもう少し楽しみましょうよ
その後には紅葉の季節になりますし
野草じゃないけど
冬に咲く花もありますしね
寒くなっても、すぐにカンアオイとかが咲き出しますよ
Commented by nonohanai2 at 2006-10-26 20:06
うんうん、同感です。
今年もヨン様ではなくって、野草の追っかけで終わります。
この間福寿草、節分草と騒いでいたのに、リンドウ、センブリ、アワコガネギク・・・・・野の花も終わりが近づきました。
ムラサキセンブリ・イヌセンブリ、両方ともまだ見たことがありません。
ムラサキセンブリは憧れの花の一つです。
Commented by 夢花 at 2006-10-27 15:35 x
★つーくん様
センブリは胃腸薬で知られてるけど、ムラサキ・
イヌセンブリはお薬にはならないそうよ。
そうよ、これで落ち着いて早春に咲く野草の植え替えができるわ。
盆栽の剪定もあるし、寄せ植えの構想も練らなくちゃーね。

★okaty様
目新しい野草でもあれば吹っ飛んで行くけどね。
穴場の紅葉は何処行っても混むので近場で撮りに行きます。
カンアオイもよく撮ったけど、いつも出来上がり悪いよ。(;´д` ) トホホ 

★nonohana様
sakuraさん、ちょーご無沙汰してます。(^_^;)

毎年同じ物撮っていると手抜きになっていけませんね。
今年も初お目見えの野草にいくつか出会いましたけど、
その時はすごーく夢中になるんだけどね。

ムラサキセンブリはこちらではよく見かけます。
それに比べ、イヌセンブリはとても少ないですよ。

Commented by 草刈 まさお at 2006-10-29 19:00 x
レンズですが、ホア嬢は18~50mmですよ~♪

私はC社の17~40mmです。

@ムラサキセンブリは艶やかですね。
Commented by volvo13 at 2006-10-29 21:44 x
ムラサキセンブリ綺麗に撮れてますねぇ。色も綺麗に出ているけど、構図がなんとも女性的な柔らかさで素晴らしいです。イヌセンブリは見たことがありません。夢花さん家に訪れると新しい発見ばかりでビックリです。
Commented by 夢花 at 2006-10-30 10:26 x
★草刈まさお様
昨日はどうもありがとうございました。

シオガマギク、図鑑で調べたけどもう一度実物を
見ないと私の知識では分かりませんでした。┐('~`;)┌
でも、シオガマギクっぽいですよね。

私も18-55㍉だけど35㍉で換算すると27.5-84㍉になるわけで
標準ズームレンズなんでよね?
こんなことも分からないでよくカメラやってると言わないでね。(*^^*)>

★volvo様
いえいえ、volvoさんにはかないません。
イヌセンブリはvolvoさんがよく行かれるところですよ。
気が付きませんでした?
Commented by nick-1 at 2006-10-30 21:59
ムラサキもイヌセンブリもこっちにはないですね、ムラサキはほんとに
綺麗な色をしてますね。
私もセンブリとリンドウを撮って今年の山野草は終わりました。
もっぱら紅葉というところですが、今年はいまいちな場所が多かったり
7月の豪雨で道が通行止めや、木々が流されてしまったりして
思う様に撮れません、山野草も流されてる場所がありました。
Commented by 夢花 at 2006-11-01 21:00 x
★nick様
実物はもうちょっと紫色が強いですけどね。
紫色もアンダー気味にするとクドイ色になってしまうし難しいです。
今回は意識して明るめに撮ってみました。
<< やっぱり、ジッとしておれない ヨシノソウ >>