人気ブログランキング |

浜松フラワーパーク

昨日は夕方になっても暖かく、これならとイルミ撮りに決行。
蒲郡のラグーナか、安城のデンパークにと思ったが、一度は行ってるから
未知のイルミと思い浜松フラワーパークにしました。

背景に見えるは光のトンネル
c0047422_13332887.jpg

c0047422_13335228.jpg

噴水による光の饗宴
c0047422_1334910.jpg


by itosuguri | 2006-12-11 13:55 | Comments(10)
Commented by ふあ at 2006-12-11 15:02 x
こんにちは。
浜松フラワーパークって、こんな素敵なイルミがあるんですか。
花博の跡地が無料で、綺麗なフラワーパークになったので、
誰も行かずに寂れていないか心配していました(笑)
夜景やイルミって、好きな人と一緒に何時間でも見ていたいよね♪
Commented by 夢花 at 2006-12-11 17:11 x
★ふあ様
(._・)ノ コケ・・・花博の跡地は浜名湖ガーデンパークなんだけど・・・
浜松フラワーパークは舘山寺のほうだよん!
まぎらわしいから間違えってしまうよね。
車で50分で行けちゃうから安城のデンパークよりも近いですよ。
あっ!ふあさんチからだと23号線でデンパークの方が近いよね?
Commented by ふあ at 2006-12-12 10:20 x
そうそう、ガーデンパークって名前だったね (^^ゞ
あそこが無料なのに広くて綺麗なので、
舘山寺のフラワーパークに行く人が減るのでは?
・・・って、思っていました。
でも、このイルミを見ると高額の入園料を払う価値あるかもね ^^
Commented by 夢花 at 2006-12-12 12:53 x
★ふあ様
クリスマスの夜間開園中は17時から入園料¥400と半額になるのよ。
駐車料¥200もいるし、一部有料道路¥150(軽の場合)も。
でも、帰りには料金所にはだれもいなくてそのまま通過してきたけど・・・
Commented by つーくん at 2006-12-12 16:12 x
最近は青色LEDのお陰できれいな彩りのイルミが増えましたね。
このあいだうちの町役場のイルミを見にいったのですが、一杯やった後で寒気がして、車からおりませんでした。
連れ合いに「あなたに見せようと連れてきたのに…。」と、ぼやかれてしまいましたよ~。
今度は平日の、人の少ない時間帯に行こうかなぁ~。
Commented by 夢花 at 2006-12-12 21:09 x
★つーくん様
町役場にイルミだなんて珍しいですね。
そうそう、つーくんは昨年、某宮崎の素晴らしいイルミに行ったのよね。
つーくんに教えてもらってネットでイルミを拝見したのだけど、
見ごたえのあるイルミで私も行きたいぐらいだったわ。
つーくんのイルミUP楽しみにしてるよ~ん♪
Commented by nick-1 at 2006-12-13 23:06
最後は幻想的な写真ですね、水の芸術だ。
きょうの新聞にもここが載ってました。
夜景を撮るには暖かいに限ります、横浜もそんなには寒く感じませんでした。
やはり地元は寒い。
Commented by 眞理子 at 2006-12-14 17:15 x
夢花さん、噴水のイルミネーションってすご~くきれい!!
これはシャッター速度を変えて写したの?
どうやったらこんな風に撮影できるの?
いつも同じ設定で撮影してるから、人の作品を見て感心するばかりなの(笑)
なばなの里では設定をいじろうとしたら、真っ暗でどうやっても見えなかった。ペンライトが必需品だと後で知ったし(笑)
夢花さんならきっと持って行ったんでしょうね。
最近は何をやるにも一応ネットで検索してからじゃないと不安になるほど自信がなくなっちゃいそう。
今日も雨で寒くて・・・太陽って良いね、待ち遠しいわ。
Commented by 夢花 at 2006-12-14 20:38 x
★nick様
>今日の新聞にここが載ってました。
って、浜松フラワーパークがですか?
いやぁ~意外なことで(@_@;)してます。

だってね、我家から車で20分も走ると静岡県なんですよ。
それなのに浜松の情報ってこちらの新聞にはほとんど載らないのね。
フラワーパークでイルミやってるなんて豊橋でも知らない人いるもの。
Commented by 夢花 at 2006-12-14 20:49 x
★真理子様
この噴水は音楽のリズムに合わせて踊ってるのよ。
何枚か撮ってこの一枚が一番よかったので載せたの。
撮影設定はバルブで撮ってみました。
バルブ撮影は花火だけとは限らないんだと初めて知ったわ。
ペンライト?むろん持って行きましたよ。
<< 菜の花と同居 ハーブ庭園・旅日記 >>